ゴムスポンジシート|木本ゴム工業

メニュー

TEL:03-3431-7614

FAX:03-3433-8170

営業時間 8:45-17:45

問合せ

電話

 

ゴムスポンジシート

製品写真 ゴムスポンジシート各種

ゴムスポンジシート

ゴムスポンジシートとは?

原材料のゴムに発泡材等を練り込み、発泡させたシートです。ゴムスポンジには、気泡が独立した独立気泡と気泡が半連続の半連続気泡があります。またゴムシートの様に各材質や硬度がありますので、用途に合わせて選択いただけます。

製品

  1.  独立気泡ゴムスポンジ
  2.  無硫黄・超低硫黄・低硫黄ゴムスポンジ(独立気泡ゴムスポンジ)
  3.  半連続気泡ゴムスポンジ

※クリックする製品に移動します。

独立気泡ゴムスポンジ

気泡の一つひとつがゴム膜で覆われた独立気泡状態の合成ゴムスポンジです。反発力があり、断熱性に優れています。
ゴムの種類によって難燃性(CR)、耐薬品性(EPDM)などの特性があります。また無硫黄、超低硫黄(EPDM)などの製品バリエーションもあります。

製品写真 ゴムスポンジシート各種
材質
  • ・クロロプレンゴム系(CR)
  • ・エチレンプロピレンゴム系(EPDM)
  • ・天然ゴム系(NR)
  • ・シリコンゴム系(Q)
  • ・ニトリルゴム系(NBR)
  • ・フッ素ゴム系(FMK)
  • ・難燃性(CR系)
  • ・導電性
  • ・無硫黄、超低硫黄(EPDM系)
特徴
軽量・強靭性
軽く、引き裂き強度などにも優れた性能を持っています。
断熱性
熱伝導率が低く、保温材としても優れた性能を持っています。
非吸収性
独立気泡構造のため、吸収性は極めて低いです。
用途
包装・梱包
精密機器、医療用機材、ガラス等運送用緩衝材
土木・建築
住宅用パネル目地材、サッシ・ドアパッキン、各種目地材
車輌・船舶
ドアパッキン、ダクトシール、ガスケット、防振材
断熱・保温
冷蔵庫冷凍ショーケースシール材、エアコン断熱シール
防音・防湿
機械防音・防湿シール材、電気器具防水シール材

無硫黄・超低硫黄・低硫黄ゴムスポンジ

(独立気泡ゴムスポンジ)

ゴムスポンジでは通常ゴムの架橋方法として“硫黄”を使用しますが、一部EPDM系ゴムスポンジでは“過酸化物”で架橋しており、 硫黄含有量の少ない発泡体も取り扱っています。

硫黄成分が少ない=金属(銅・鉄・アルミ 他)を腐食させにくい!

製品写真 無硫黄・超低硫黄・低硫黄ゴムスポンジシート

銅板腐食試験

試験条件
1. 試験片…EP-101(超低硫黄)、OP-130(硫黄加硫)
2. 試験方法…銅板への腐食及び粘り付きの試験
(JIS B 2403:1995準拠)

試験実施後の銅板
※傷は銅板を磨いたもので、他の銅板も同じような傷がある。

超低硫黄の変色は確認できない

EP-101(超低硫黄)
変色は確認できない。
粘りつきは無い。

低硫黄の変色はわずかにある

OP-130(硫黄加硫)
全体的にわずかに黒く変色している。
粘りつきは無い。

硫黄定量分析
試料名・色 表記 硫黄分析結果 定量下限
EP-071 白 無硫黄 0.01%未満 0.01%
EP-151 白 無硫黄 0.01%未満 0.01%
EP-100 黒 超低硫黄 全硫黄量
190㎎/kg
50㎎/kg
0.01% 0.01%
EP-101 灰 超低硫黄 0.01%未満 0.01%
EP-200 黒 超低硫黄 全硫黄量
140㎎/kg
50㎎/kg
0.01% 0.01%
EP-130 黒 超低硫黄 全硫黄量
640㎎/kg
50㎎/kg
EP-070 黒 低硫黄 250ppm 50ppm
EP-200NN 黒 超低硫黄 140ppm 50ppm
表示基準設定
無硫黄 硫黄含有物を使用せず、測定で未検出の場合。
超低硫黄 無硫黄と同じく硫黄含有物質を使用せず、測定で未検出だが、黒カーボンを使用している場合。 または測定結果が0.02%(200ppm)未満の数値が検出された場合。
低硫黄 硫黄粉を使用せず、測定結果が0.02%(200ppm)以上、0.3%(3,000ppm)未満の数値が検出された場合。

半連続気泡ゴムスポンジ

合成ゴムを基材とし半連続気泡状態にさせた発泡体です。柔軟性が豊かで、わずかな力による圧縮が可能です。 凹凸部分にスムーズにフィットします。酸・アルカリ性に強いEPDM系、NBR/PVC系、および耐熱性、耐油性に優れ、 低硫黄でシロキサンの出ないアクリルゴム系など製品バリエーションがあります。

製品写真 半連続気泡ゴムスポンジシート
材質
  • ・エチレンプロピレンゴム系(EPDM)
  • ・難燃性(EPDM系)
  • ・ニトリルゴム/ポリ塩化ビニル系(NBR/PVC系)※受注生産品
  • ・アクリルゴム系(ACM系)※受注生産品
特徴
  • ・柔軟性が豊かで凹凸部分にスムーズにフィットします。
  • ・耐熱性や耐油性、酸・アルカリ性に強い材質があります。
  • ・低硫黄かつシロキサンの出ないアクリルゴム系もあります。
用途 土木建築関連、電気機器関連、自動車関連などでは、目地材やシール材として使用しています。
その他、隙間テープやスリップ止めとしても使用しています。

ゴムスポンジの加工について

上記のスポンジから指定サイズにカット加工や穴加工、両面テープ貼りを行い、パッキンや緩衝材等を製作することができます。 用途、数量に応じた材質の選定、加工方法の提案から製造、製品に至るまでをサポートいたします。 お気軽にお問合せください。
※材質によりロット等が必要な場合もございます。

ゴムの取り扱いについて

1. ゴムは汚染性があります。
ゴムは接触している他の色のゴムやプラスチック、塗料、液体、紙、木、繊維などの色を汚すことがあります。 この性質をゴムの汚染といい、用途によっては不都合の要因となります。汚染性の主たる原因は老化防止剤、加硫促進剤、軟化剤になります。

2. 臭いがあります。
ゴムやスポンジ自体に臭いがあり、屋内で使用する場合は臭いがこもります。

3. ゴムはブルームします。
ゴムの表面に配合剤が移動し、結晶化したり液体で滲み出てくることがあります。 粉であればブルーム(ブルーミング)、液体であればブリードと呼んでいます。 硫黄などの加硫剤、加硫促進剤、酸化防止剤、軟化剤などの可塑剤等はその使用量によってこの減少が加硫ゴム、未加硫ゴムを問わず起こります。 一般にはブルームすることはあまり良いとされていません。またブルームすることによってクレーム対象になる場合もあります。 但し、ブルームしない製品とブルームしている製品が性能面でどちらが良いかとなった場合は、この現象だけで決め付けることは大変危険で注意が必要です。 ブルームしないから良いとは言えません。

よくある質問

質問 ゴムスポンジシートの出荷単位は?
回答 基本的に定尺よりカットし、ご指定サイズ1枚から出荷をしています。但し製品によってはロットが必要なものもあります。
質問 ゴムスポンジシートは、自分でカットできますか?
回答 カッターでカットすることが可能です。定規を当てて少しずつ刃を入れてください。 柔らかい材質が多く、綺麗に切れないこともあります。
質問 ゴムスポンジの加工で寸法公差を指定することはできますか?
回答 ゴムスポンジは外気温などにより伸縮を起こすため、加工直後に公差内でも、納入後に公差外になることがあります。 そのため公差指定での管理は不可とさせて頂いています。
質問 ゴムスポンジシートは返品できますか?
回答 お客様の都合による返品・交換は受け付けておりません。弊社の不備による場合は、商品到着後7日以内にご連絡ください。 至急対応をさせていただきます。(但し未使用に限ります。)